AAAによるキャンペーン用のメンバー直筆サイン入りグッズで、一部の景品にスタッフによる“偽サイン”が混入していた件で、リーダーを務める浦田直也や、メンバーの與真司郎、伊藤千晃が自身のSNSで率直な心中を綴っている。

 AAAのリーダーを務める浦田は自身のツイッターにファンへ向けてメッセージを書き込み、「このたびは応援してくれてる皆にご心配おかけしてごめんなさい」と深くお詫びする心境を綴った。

 ただ、浦田らメンバーも真相を知らなかったことがわかっており、「この事実を知った瞬間本当にショックと長い時間一緒に過ごしたスタッフに対してたくさんの悔しい思いを感じました」と驚きとショックを受けると同時に、ともに活動してきたスタッフの行為に憤りを感じている様子だ。

 その上で、「今後皆にこういった心配をかけないよう前へ進んでいきたいと思いますので、これからもAAAを見守ってて下さい」と今後の活動に力を入れていきたい心境を綴っている。

 また、メンバーの與真司郎は自身のブログを更新。「今回起きた件でみんなに心配かけてしまったこと、本当に本当にごめんなさい」と浦田と同様に謝罪のコメントから書き出した。

 そして、「僕も初めて聞いた時、ショックと怒りと、何よりもずっと信頼していたスタッフさんだったので、悲しかったです」と複雑な心境を綴った。

 ただ、「AAAチームである限り、僕にも責任があると思っています。すいませんでした」と自らも責任を背負う気持ちをしたためた。その上で、「みんなにこれからも応援してもらえらように、ファンのみんなには今まで以上に愛を届けていきます!! これからもよろしくお願いします」とメッセージを綴っている。

 さらに、伊藤千晃もブログで「ものすごく胸が痛くなってとても悲しい気持ちになりました」と綴り、「でもそれ以上に応援してくれているみんなに、どんな形であれ傷つけてしまった事実があることが本当に申し訳なくて、ごめんなさいの気持ちでいっぱいです」と悲痛な心境をコメント。ファンからの信頼回復、ファンの応援に感謝を綴っている。

 今回、AAAメンバーの"偽サイン"が混入したのは3つのキャンペーン。「『AAAのプリでアルバムを作ってAAAに会おう!!』キャンペーン」「ぐるなびでAAA特別プランを予約してキャンペーン特典をGETしよう!(in TOKYO)」「『AAA Cafe』スイーツパラダイス SoLaDo原宿店・心斎橋店・福岡PARCO店」が該当する。

 公式サイトでは、ポスターやクリアファイル、コースター、CDなどの景品の一部にメンバー直筆のサインではなく、スタッフが書いたサインが混在していたと発表。深いお詫びの文面を綴り、キャンペーンの当選者には改めてAAAメンバーの直筆サイン入りグッズを発送したことを報告している。

記事タグ