[写真]乃木坂46汗だく(1)

新曲「今、話したい誰かがいる」MVのワンシーン。西野と白石

 乃木坂46が28日に発売する13thシングル「今、話したい誰かがいる」のミュージックビデオが公開された。

 乃木坂46オフィシャルYou Tubeで28日午前0時まで期間限定公開される今作は、澤本嘉光氏が手掛ける。衣装は100着以上用意され、100メートルダッシュを10本ほど繰り返し撮影されるなど、彼女たちの本気の演技力が光る仕上がりだ。現在公開中の映画『心が叫びたがっているんだ。』の主題歌として話題を呼んでいる。

 ミュージックビデオは9月中旬、静岡県内で撮影された。西野七瀬が扮する少女は耳が聞こえないというシチュエーション。音のない世界にいた西野七瀬と、白石麻衣を中心としたダンススクールの仲間が、必死にコミュニケーションをはかる友情物語のミュージックビデオとなっている。

 耳が聞こえない役を演じた西野はメンバーと共に初めて手話を学び、本番に臨んだ。日にち経過をドラマで表現する為に用意された衣装は100着以上で、白石麻衣、深川麻衣、衛藤美彩らが走るシーンは様々なカットから撮影する為に、100メートルダッシュを10本ほど繰り返し撮影した。

 彼女たちの額に流れる汗や、泣き声や泣き姿はリアルなものだ。ダンス大会用のTシャツのデザインは西野七瀬が描くなど、本作への熱い想いを感じさせる作品となっている。

 本作のクリエイティブディレクターは、ソフトバンクモバイル「ホワイト家族」、東京ガス「ガス・パッ・チョ!」などのテレビCMを制作、映画「ジャッジ!」の原作脚本、クリエーター・オブ・ザ・イヤー(2000年、06年、08年)、カンヌ国際広告祭銀賞・銅賞、などを受賞した澤本嘉光氏が手掛けた。

 映画「心が叫びたがっているんだ。」とリンクさせる感動の青春ミュージックビデオのストーリー。アイドルとは思ない彼女たちの本気の演技力が光る仕上がりとなっている。

記事タグ