元モーニング娘。の矢口真里が、10日放送のフジテレビ系『とんねるずのみなさんのおかげでした』のコーナー「石橋温泉」に出演。離婚騒動を経て芸能活動を再開したものの「世間に嫌われすぎてどうすればいいかわからない」として、とんねるずの石橋貴明に相談した。

 離婚騒動について事実と異なる報道があると訴えた矢口に、石橋は「自分でまいた種だから自分で刈るしかないんだけど、相当重いよね。払しょくするって多分、何十年とかの単位じゃ無理だ」と厳しい意見を述べた。

 その一方で、ネット上に書き込まれたものを忘れてもらうことは不可能に近いとして「それを気にしていたらもう生きていけなくなる。復帰したところで“もう自分の中で考えない”っていうこと以外に方法論はない」「多分100人のうち1人ぐらいは“矢口頑張れ”って言っているヤツもいると思う。その1人のためにどうやっていくかしか方法はないと思う」とアドバイスを送った。

 引退まで考えていたという矢口。バッシングに今は頭が混乱しているとも語っていたが、石橋のアドバイスで気力が戻ったのか、石橋の「“矢口は我慢できねぇ下半身があるんだ”という風に(世間一般の)みなさん思っているわけよ」という言葉に、「ただ私は狙った獲物は逃がさないですよ」と返す余裕もみせた。

 「すごい肉食だね」とひっくり返る石橋に、矢口は「大好きな人ができると…ゼロか百なんですよ。その人しか見えなくなっちゃう。そこが良くない」「ここ10年ぐらいは絶食でいきます。それぐらい自信があります」「男性とのスキャンダルないように絶対にないように誓います」と宣言した。

 石橋は「十分償いはしたと思っているので、あとは本当に矢口がどういう気持ちでやっていくかだけだと思う。矢口がこれから10年男となんとかしないとか別に誰も信用しないだろうし、本当に10年やったところで何も変わらない気がするんだよね。だったら誓いとか立てずに伸び伸び自分がやりたいことやっていくしか方法がない」「また積み上げていくしかないよね」と諭した。

 そのアドバイスに矢口の目にはうっすらと光るものがあった。

 矢口は現在、元モデルの男性と交際中。放送翌日11日付自身のブログでは多くのネット利用者から応援のメッセージが寄せられていることに感謝の言葉を綴る一方で、自身が発言した内容が一部誤解を与えているとして以下の通りに、補足した。

 「『10年間絶食します。週刊誌には載りません』という発言は、彼を悲しませる行動はとらないということで、結婚も子供も諦めていませんよ。前にも言いましたが、自分の人生ですから。未来なんて誰にも分かりませんが、今誠意を持ってお付き合いしています。10年経ったら行動するのか?とつっこまれそうですが、それも大丈夫です」。