写真=LAGOONのRINOが脱退へ

LAGOONから脱退する事となったRINO(2015年5月撮影のもの)

 女優の瀧本美織(23=MIORI)がボーカルを務めるガールズバンド、LAGOONのギター・RINO(28)が6月末をもってグループを脱退することが25日、分かった。今後は、MIORI(Vo)、NANA.(B)、yuri(Dr)、YUKINO(key)の4人で活動を続けていく。

 RINOは、1児の母として子育てと並行してバンドの活動を続けてきた。今回の脱退は、音楽の方向性の違いが理由だといい、公式サイトでは「一児の母として、そしてアーティストとして2足のわらじで精一杯頑張ってきましたが、目指すべき音楽性についてメンバーやスタッフと話し合った結果、方向性の違いにより別の道に進む結果となりました」と説明。

 更に「これからはまた自分のペースで音楽活動をしつつ、LAGOONの1ファンとして応援していきたいと思います。これまで応援してくださいましたファンの皆様、媒体の皆様、スタッフの皆様、本当に有り難うございました」と感謝の言葉も添えた。

 また、同日午後11時過ぎに更新したブログでは「もっとLAGOONがバンドとして前に進むためには、目指すべき音楽性の違いや家庭との両立も含めとても難しくなってきた為、このような結果を出させてもらいました」と家庭との両立が難しくなったことも理由の一つであると綴っている。

 LAGOONは、メンバーが一児の母、救命救急士、カフェ店員、就職活動中など“二足のわらじ”で活動しているガールズバンド。ボーカルはMIORIこと女優の瀧本美織が務めている。昨年11月にテレビアニメ『まじっく快斗 1412』のオープニングテーマ「君の待つ世界」でデビューしている。

記事タグ