写真»B’zが“黒田登場曲”で記録更新

連続首位獲得作品数の記録を更新したB’z

 B’zの52枚目シングル『RED』(10日発売)が発売初週で15万7000枚を売り上げ、22日付オリコン週間シングルランキングで初登場首位を獲得した。

 シングル首位は、『太陽のKomachi Angel』(1990年6月発売)から48作連続、通算48作目。自身の持つシングルの『連続首位獲得作品数』(歴代2位=嵐で35作連続)と『通算首位獲得作品数』(同=嵐で通算42作)を更新した。

 また、今年1月の前作『有頂天』で、ピンク・レディーの記録を36年ぶりに抜き歴代1位となった『シングル首位獲得週数記録』をさらに更新して65週に。初週売上は前作『有頂天』の13万4000枚を上回った。

 本作『RED』は、8年ぶりに古巣の広島東洋カープに復帰した黒田博樹投手のMAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島での登場曲。

 カープのチームカラーにちなんだREDケースにオリジナルリストバンドが封入された『赤盤』には、松本孝弘、稲葉浩志、黒田博樹投手の直筆サインが寄せ書きされたお宝CDが100枚限定でランダムで封入されていることでも話題となっている。

この記事の写真
写真»B’zが“黒田登場曲”で記録更新

記事タグ