第7回AKB48選抜総選挙の投票が19日に始まった。候補者たちによるSNSなどを通じての呼びかけも活発になっているなか、有吉弘行(40)の行動がネット上で物議を醸している。

 有吉は19日更新のツイッターで、雑誌表紙を飾ったAKB48の“まゆゆ”こと渡辺麻友(21)の顔に落書きした写真を公開。AKB48選抜総選挙を6月6日に控える中で、渡辺の得票をプッシュするとの見方や、有吉と同じ「太田プロ」に所属するHKT48指原莉乃(22)の援護射撃とする見方など、ネットユーザーの間で様々な意見が飛び出している。

 毒舌でおなじみの有吉だけに“有吉流”の援護、あるいは盛り上げなのかもしれないが、度が過ぎた行動ではないか、と批判的な意見も見られている。

 有吉は「今日もいい落書きができた。我ながら満足だ。。。」と綴って写真を掲載。5月19日発売の雑誌『週刊SPA!』(5月26日号)の表紙を飾った渡辺の顔に黒ペンで線などを引き、腹話術の人形のような落書きを施している。

 この有吉の落書きがネットで瞬く間に話題に。ネットユーザーは「指原を応援するという決意表明」「有吉はやさしいねえ…さっしーに対して」などと同じ事務所に所属する指原莉乃の選抜総選挙へ向けた援護射撃と主張する声や、「まゆゆの宣伝してくれてる」「有吉はまゆゆのことが好きなのか」などと渡辺に絡むことで密かに応援しているメッセージなのでは、と推測するユーザーもいるようだ。

 ただ、明らかに度を越した行動との見方をするユーザーもいる。「これ、渡辺が見たらショックを受ける」「なめとんか有吉!」「まゆゆがかわいそう」「有吉やりすぎや」「子供か有吉」などと、その行為を厳しく糾弾する声も挙がっている。

 毒舌がウリの有吉だけに、選抜総選挙へ向けての奇をてらった独特のエールとも受け取れる。ただ、5月17日には歌手でタレントのベッキーにも同様の落書きを施した写真を掲載しており、有吉の行為はネット上で物議を醸している状況だ。