24日に放送されたテレビ朝日系の音楽番組『ミュージックステーション』(Mステ)にHKT48の1人として出演した指原莉乃(22)が、番組終了後にツイッターを更新。一部ファンの悪意のあるコメントに対して自身の気持ちを綴り、ファンの間で波紋を広げている。

 ことの発端は、HKT48がMステで新曲「12秒」を披露した際、カメラが指原を多く捉えていたことに対して悪意のあるコメントが寄せられたこと。指原はそれをリツイートし、涙の絵文字をつけて「わいこー」(注・「怖い」の意)と綴った。

 さらに指原は、「昔、本当にうつらなくてワンカットでファンのみんなとたくさん喜んだの嘘みたいだね。こんなリプがくるなんて、昔だったら考えられない。昔の自分に教えてあげたい」とした。怒り心頭に発するものの、過去と現在の違いを考慮しながら、冷静に悪意ツイートを受け流す心境が綴られている。

 ただ、その後再び、「じゃあ誰が悪いの? 指原がHKTの中だったら有名なことが悪いことなの?」とコメント。冷静に対処しようとした指原だったが、再び悪意のあるコメントが届けられたことで反論のコメントを綴った格好だ。指原に送られた当該のツイートはすでに削除されている。

 一連の流れやファンのコメントから、Mステのカメラが指原や、指原が推しているメンバーを多く捉えていたこと、さらに、カメラ割りを決めたテレビ関係者なども対象として、悪意のツイートが寄せられたものと見られる。

 そうした指原のコメントに対してファンは、「気にするな」「さっしーは悪くないよ」「堂々としてろ」とのリツイートを発信。

 さらには、「『さっしーを探せ!』の頃が懐かしい」「研究生から唯一総選挙1位ですよ? そんな人が何の苦労なしにここまで有名になるわけないじゃないですか」と、努力が今のポジションを得た要因と指摘し、指原を擁護する発言が続々と寄せられている。

 なかには、「さっしーはバラエティー担当的なところあるから叩かれやすいんだよね」「自分の推しが映らなくて妬いてるんじゃないかな?」などと、指原のキャラクターや、悪意のツイートを出した該当者のネガティブな心理を冷静に分析する声も出ている。

 ただ、「さいきん多いよね莉乃ちゃんこーゆー弱い面、見せてくんの。。」との指摘も見られる。6月に選抜総選挙を控える中で、指原の精神面を気にするファンもいるようだ。