[写真]千葉ご当地アイドル集結2

激しくパフォーマンスを披露したC-STYLE(撮影・編集部)

 千葉県内で活動するご当地アイドルによるチャリティプロジェクト『BIG WAVE CHIBARITY』(主催・BIG WAVE CHIBARITY実行委員会)の第1回ライブ(vol.0)が22日、千葉県中央区のT・ジョイ蘇我で開かれた。

 同プロジェクトは、県内の活性化や子供たちに夢を与える事を目的に、ご当地アイドルが手を取り合い定期的にチャリティライブを行うもの。入場料は、2020年パラリンピックや障がい者スポーツ振興のため、自治体を通して全額寄付される。

 東京五輪が開催される2020年までを一区切りに年間3回を予定。飲食店などにも参加を募り、最終的には集客2万人規模のイベントを目指す。この日はその第1回目。

[写真]千葉ご当地アイドル集結1

司会を務めたBOSO娘の藤咲奈々花(撮影・編集部)

 いすみ鉄道公認アイドルのBOSO娘や、木更津で活動するC-STYLE、県内産の果物をアピールするフルーツリング、銚子が拠点の銚子元気娘。など10組のご当地アイドルに、プロ野球・千葉ロッテマリーンズのチアパフォーマーM☆Splash!!も参加し、会場を盛り上げた。

 開会に当たり、千葉ロッテマリーンズの目時章弘さんは「今日は千葉県中のアイドルやアーティストが集まりました。何といっても障がい者スポーツの発展のために力を集めているところであり、我々もプロスポーツの一員として協力したい。千葉県が元気になることで全国に沢山の元気を届けたい」と語った。

 また、銚子元気娘。今知香子は「少しでも私たちが役に立てられるように頑張りたい」と述べた。オープニングでは、同プロジェクトのテーマソング「大丈夫」を出演者全員で歌った。

記事タグ