三代目JSBが3冠達成、シングル・DVD・BDで

大賞に選ばれた三代目JSB「R.Y.U.S.E.I.」

 「第56回輝く!日本レコード大賞」で、グランプリにあたる日本レコード大賞に輝いた、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「R.Y.U.S.E.I.」は、今年6月25日に発売された自身通算13作目のシングル『R.Y.U.S.E.I.』の表題曲。TCK(東京シティ競馬)2014キャンペーンソングにも起用されている。

 三代目 J Soul Brothersは、今年1年を通して四季をコンセプトにしたシングル「春夏秋冬シリーズ」を展開。春をイメージした「S.A.K.U.R.A.」(3月26日発売)に始まり、夏の本曲、秋の「C.O.S.M.O.S. 〜秋桜〜」(10月15日発売)、冬の「O.R.I.O.N.」(12月10日発売)をリリースしてきた。

 このうち『R.Y.U.S.E.I.』においては、発売初週で自己最高となる16万2000枚を売り上げ、7月7日付オリコン週間シングルランキング初登場首位を獲得。また、年間セールスランキングでは、推定総売上20万7932枚で30位にランクイン。日本レコード協会のゴールドディスク認定で、最低出荷枚数10万枚以上を示す「ゴールド」に認定されている。

 また、音楽配信の分野においても、レコチョクが発表した年間ランキングで26位にランクイン。通信カラオケ大手の第一興商が発表した年間のカラオケランキングでは、今年発売楽曲部門で11位を獲得。USEN音楽放送における「USEN2014年間 USEN HITランキング」では13位となっている。

 更に、日本国内の視聴傾向から最も話題を集めた動画をランキングした「YouTube Rewind 2014」音楽部門では、トップ10内を、今年大ヒットしたディズニー映画『アナと雪の女王』関連7作品が占めたなか、「R.Y.U.S.E.I.」のミュージックビデオ(MV)が7位にランクインした。

 このMVのYouTubeでの再生数は、公開後わずか3日で50万回を、10日で100万回の突破した。そして、12月30日現在は1800万回を超えている。

 好評を得た要因として、ボーカルを含むメンバー7人全員が挑んだダンス「シンクロランニングマン」とも言われている。このダンスが若い世代を中心に「かっこいい!」と好評を集め、真似る人が急増。その様子を写真や動画に収めてSNS上に公開するファンが続出するなど、話題となった。

記事タグ