【写真】SMAPが8作連続アルバム首位(2014年9月9日)

初登場1位を記録したSMAPのアルバム『Mr.S』。豪華楽曲提供陣参加で話題を集めた

 森山直太朗やゲスの極み乙女。川谷絵音らなど豪華アーティスト陣が楽曲提供したことでも話題を集めたSMAPの通算21作目のオリジナルアルバム『Mr.S』(9月3日)が発売初週で18万4000枚を売り上げ、9月15日付オリコン週間アルバムランキング(集計期間=9月1日~7日)で初登場首位を獲得した。

 アルバムの首位は、15作目のオリジナルアルバム『SMAP 016/MIJ』(2003年6月発売)から8作連続、通算14作目。シングルを含めた首位は、今回でシングル『世界に一つだけの花(シングル・バージョン)』(2003年3月発売)から27作連続となった。

 本作『Mr.S』は、前出の『GIFT of SMAP』以来約2年ぶりのニューアルバムで、Mr.S(colorful)のディスク1と、Mr.S(monochrome)のディスク2の2枚から構成。アルバム・ツアーの共通テーマである『Mr.S -SAITEI DE SAIKOU NO OTOKO-』にちなんで、相反する二面を持ち合わせた、様々な魅力に溢れる男を表現したネーミングとなっている。

 楽曲提供も豪華で、宝塚歌劇団所属の太田健が作曲・編曲を手掛けた「Themeof Mr.S」、森山直太朗作詞・作曲の「One Chance!」、他アーティストも含めて初の楽曲提供となる川谷絵音(indigo la End/ゲスの極み乙女。)が作詞・作曲した「アマノジャク」「好きよ」、広沢タダシ「よわいとこ」、☆Taku Takahashi(m-flo)作曲の「ビートフルデイ」など全17曲が収録されている。

 なお、SMAPは現在、5大ドームツアー『Mr.S “saikou desaikou no CONCERT TOUR”』を開催中で、来年1月12日の名古屋公演まで述べ22公演を行う。

この記事の写真
【写真】SMAPが8作連続アルバム首位(2014年9月9日)

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)