HKT48指原莉乃(21)が、20日深夜(21日未明)に放送されたTBS系バラエティ番組『HKT48のおでかけ!』で、来月は1日だけ下着を身に着けない“ノーパン”で仕事に臨むことを宣言。更に、AKB48に在籍して貰った初任給の額を告白した。

 以前の放送で指原は現在の体重は約42~43キロと告白。これがネットニュースに取り上げられ話題を集めた。そこで、番組MCの後藤輝基は今回「指原が発言→ネットニュースになる→どんな番組か→番組を視聴する」という視聴率獲得の構想を打ち出し、指原にネットニュースになりそうなネタの告白を求めた。

 乗り気ではない指原に、後藤はいくつかの案を提示するも「ないです。自分からニュースになるようなことを言いたくないですし、あまり」と拒み続けた。それではと後藤は、1カ月に1日だけ下着をはかないと宣言してはどうかと提案。「ジーパンでも良い。俺もやるから」と付け加えた。

 この案に指原は「ニュースになれば良いんですよね」と前置きしてから「来月1日だけパンツをはきません」と宣言した。更に「(はかなかった日は)あの日でしたって言わなくても良いですよね。なんだったら実は今かもしれないとか…」と話すと、後藤は「実は毎週はいていませんでしたとか」と悪ノリした。

 番組の後半では互いの初任給について告白。「500円だった」という後藤に対し、指原は「私は最初お金貰っていませんでした。正式メンバーになって初めて貰ったのが5万円だった」と明かした。

 さらに「芸能人じゃなかったら何していた?」という質問に指原は「私は社会不適合者で、中学のとき学校行っていなかったから、通信制の高校に進学して卒業後はフリーターになっていたと思う。とにかく当時は近くいる人と会いたくなかったからAKBのオーディションを受けた」とも述べた。