先月25日に発生したAKB48握手会襲撃事件を受けて、乃木坂46は厳重な警備体制のもとで握手会を実施することを発表。6月21日に神奈川・パシフィコ横浜で行われる『気づいたら片想い』発売記念の個別握手会を予定通り開催する。

 乃木坂46の運営委員会は事件発生を受け、今後の握手会について入念に協議を進めてきた。その結果「ファンの皆様から握手会開催を切望するご意見を尊重したい」との判断から開催を決定したとしている。

 開催にあたっては、入場時の警備体制やメンバーとファンが接触する握手会エリアでは特に厳戒態勢をとるとしている。そのうえで同委員会は「ご理解並びにご協力頂きます様、宜しくお願い申し上げます」とファンに理解と協力を求めた。

 具体的な警備体制については、会場入場時においては警備員を増員するとともに手荷物検査、金属探知機による検査を導入。検査等は時間を要することから開場時間を前倒しする。また、インフォメーション受けていたメンバーへのプレゼントを当面は中止とする。

 握手会エリアにおいては、握手会レーンに荷物置き場を設置。メンバーとの握手は手荷物を全て置いた状態で行う。会場には今後、荷物を預かるクローク(有料)を設置する。

 生誕祭に関しては、該当するメンバーのレーン装飾は運営スタッフ帯同のもとで実施することが義務付けられる。また当面の間は、生誕祭委員とメンバーの記念撮影を中止するとしている。

記事タグ