第6回AKB48選抜総選挙の開票イベントが7日、東京・味の素スタジアムで行われ、昨年3位・速報4位だったAKB48・NMB48兼任の柏木由紀(22)が自身最高位の3位だった。柏木は満面の笑顔で「本当に嬉しいです」と喜びを語ると、握手会に触れて「色々な問題があるのも分かっています。でもそんな皆さんと直接触れ合える場所を無くしたくありません」と存続を願った。以下はコメント。

[第6回AKB48選抜総選挙に関する記事一覧]

 「総選挙はセンターを決めるだけでなく、ファンの皆さんと一緒に戦うことができる大切なイベントだと思っています。争いごとや競うことが苦手です。でも、こうしてこの場所に出させてもらって、毎日頑張れるのも、いつも応援して下さる皆さんがいるからだと思います」

 「アイドルになりたいと言う夢は初めは自分だけの夢でした。でも今は皆さんが日々のなかで嫌なことがあったり、辛いことがあったときにAKB48の曲を聴いたり、ライブに来てくれたり、握手会に来て下さったり、もう少し頑張ってみようかなって皆さんが思ってもらえるような支えになりたい、という夢に変わっていきました」

 「握手会も私にとってはとてもとても大切な場所です。直接応援して下さっている皆さんの目を見て、出会ってパワーをもらえる特別な場所です。きょうもこの感謝の気持ちを早く、直接近くで伝えたいと思っています。なので私が言える立場ではないことも分かるし、色々な問題があるのも分かっています。でもそんな皆さんと直接触れ合える場所を無くしたくありません」。

 「すぐには無理かもしれませんが、皆さんがいれば温かい触れ合える場所がつくれると信じています」。

記事タグ