AKB48卒業の野中美郷が引退を発表

AKB48卒業する事が決まっている野中美郷が芸能界引退を発表。写真は引退を報告する野中の公式ブログ

 今年2月にAKB48を卒業すると発表した野中美郷(23)が8日、ブログで芸能界を引退することを明らかにした。所属事務所であるプロダクション尾木を5月31日付で退社する。ブログではAKB48加入からこれまでの軌跡を振り返りながら、ファンや関係者に感謝の言葉を送った。

 冒頭「こんばんは。急ではありますがみなさんに報告があります」と綴ると所属事務所を前述の日付で辞めることを報告した。在籍6年間の活動を通じて多くの人と出会えたとし「みなさんの元気の源になれていたならすごく嬉しいです」。所属事務所には「どんなときでも見捨てないでいてくれました」と感謝の言葉に添えて綴った。

 2008年に第6期生として加入した彼女はもともとAKB48に憧れを頂き、オーディションに合格したときは「『夢って叶うんだ』って心から思いました。劇場に立てる喜びを心から感じました」と思い抱いていたようだ。

 ただ、ここ1年の間に「夢がぼんやりとしたものになっていて、正直、何がしたいかわからなくなっていました」と方向性を見失っていたことを告白。更に「こんな気持ちでみんなと同じステージにいていいのか凄く悩みました。たくさん悩んだ結果、AKB卒業と同時に芸能界引退を決意しました」と決意に至るまで心の葛藤があったことを報告した。

 ファンには「ここまで応援してくださったみなさんと会えなくなってしまうのは本当に寂しいです。でもそれもまた私の人生かな…と」と残念な気持ちも示すも、気持ちを切り替え文末には「そして個別握手会は9月23日まででます。よかったら会いに来てください」と綴った。

 野中は今年2月28日にAKB48からの卒業を発表。このとき「本当に幸せでした。沢山の方と出会い、沢山のことを吸収しました」「(卒業後は)正直、今すごく怖いです。でも、この卒業も自分で決めた決意で、その第一歩です。自分を信じて頑張ります」と語っていた。