BOYFRIENDの新曲MVに岡本杏理らが出演

新曲「スタートアップ!」ミュージックビデオの撮影に挑んだBOYFRIENDと岡本杏理、大橋典之

 2012年8月の日本デビュー以来、リリースしたシングルならびにアルバムが全て、オリコンチャートでトップ10入りをしているK-POPグループのBOYFRIEND(ボーイフレンド)が、2014年第2弾となる通算5枚目のシングル『スタートアップ!』を5月28日にリリースする。これに先がけてミュージックビデオ(MV)がこのほど完成した。

 今回公開されたミュージックビデオは、昨年発売されたクリスマス・プレミアム・シングル『Pinky Santa』に引き続きストーリー仕立てになっており、仕事で失敗を重ねて落ち込んだり同僚に片思いを抱いて悩んだりする新入社員の主人公を各メンバーが手助けする内容になっている。

 主人公は、ティーン雑誌『Seventeen(セブンティーン)』で専属モデルを務めるなど岡本杏理(19)、相手役は若手俳優の大橋典之が演じている。

 ストーリーは、「新しい生活の中で、不安や悩みを持ち、前への一歩を踏み出せないでいる主人公のもとへ届いたのはBFロゴをかたどった鍵。BOYFRIEND各メンバーがそれぞれ違う色の鍵を贈り、その鍵で宝箱を開けると主人公を応援するアイテムが登場。彼女は徐々に前向きに進んでいけるようになっていく。そして6つの鍵が全部揃うと…」。

 今作ではBOYFRIENDの応援を得て、自身で“スタートアップ=行動開始”するまでが描かれるが、さらにこの鍵をめぐるストーリーには続きがあるとのこと。

 ミュージックビデオの撮影は3月中旬に行われた。例年ならまだまだ肌寒い時期だが、その日は、まぶしいくらいの晴天に恵まれ、絶好の撮影日和となった。天気がいいこともあり、メンバーも絶好調。撮影の合間には、皆で戯れたりバスケットボールで遊ぶ姿も。撮影中、クァンミンのスカーフが顔に巻き付くといったハプニングがありつつも、和気あいあいとメンバーの仲の良さが垣間みれた笑顔のあふれた撮影現場だったようだ。

 しかし今回、マイクスタンドのパフォーマンスに初挑戦した彼らは、マイクスタンドをメンバーからメンバーへと受け渡して最後決めるといったアクションに悪戦苦闘。「このタイミングで離すから受け取ってね」と念入りに打ち合わせをして実践。最後はカッコよくマイクスタンドを受取り決めカットでにやり。

 5月31日・6月1日には約1年ぶりのワンマンライブ『BOYFRIEND LOVE COMMUNICATION 2014 -Start up!-』を開催する。BOYFRIENDならではのキャッチーで聞きやすい楽曲に加え、タオルを振ってワイワイ皆で盛り上がれる曲、カッコよくダンスで見せる曲などバラエティに富んだライブステージとなる。