アナ雪が映画サントラで11年ぶり快挙

週間売上15万枚を記録しついに1位を獲得した「アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック」

 ディズニー映画『アナと雪の女王』の勢いが止まらない。同映画のサウンドトラック『アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック』(ウォルト・ディズニー・レコード)が初ランクインから12週目の5月12日付オリコン週間アルバムランキングでついに初の首位を獲得した。

 先週3日、これまで配信でのみ発売されていた、松たか子、神田沙也加、ピエール瀧ら日本版ボイスキャストによる『レット・イット・ゴー~ありのままで~』などを追加収録し発売されたデラックス盤と、3月12日発売の通常盤が先週1週間で合計15万3000万枚を売り上げ、前週5月5日付の4位から上昇した。累積売上枚数は30万枚に達している。

「アナ雪」、ディズニー映画のサントラとしては初

 映画サントラの首位は、2003年6月16日付にエミネム主演映画『8マイル~ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー』(2002年10月発売)が記録して以来10年11カ月ぶりの快挙で、ディズニー映画のサントラとしては史上初。

 これまでディズニーサントラでは『アラジン』(1993年6月発売)の8位(1993年8月23日付)が最高位だった。

 また、映画サントラの週間売上15万枚突破は、1997年10月6日付の『THE END OF EVANGELION』(週間16万5000万枚)以来16年7カ月ぶり。ディズニーの映画サントラとしては、前出の『アラジン』の累積29万枚を上回り、歴代1位のセールスとなった。

 3月12日に発売された通常盤は、映画公開週を集計した3月24日付週間アルバムランキングから急上昇。前週190位から9位に順位を上げ、その後も5位(3月31日付)→4位(4月7日付)→3位(同14日付)→2位(同21日付)→3位(同28日付)→4位(5月5日付)と上位をキープ。

 映画サントラとしては、セリーヌ・ディオンによる主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン~タイタニック・愛のテーマ~」を収録した『タイタニック』(1997年12月発売)以来15年10カ月ぶりの7週連続トップ10入りを果たすなど記録的ヒットを続けていた。