原宿がGWの3日間、KAWAii!!に染まる

「HARAJUKU KAWAii!! WEEK」に出演した面々

 ファッションと音楽を融合した参加無料の原宿カルチャーの祭典『HARAJUKU KAWAii!! WEEK 2014 feat. Ameba 10th anniversary』が原宿の街を使い、5月3日・4日・5日とGW中の3日間に渡り開催された。

 今回は「“KAWAII”を万国共通のオシャレキーワードに」をテーマに、青文字系ファッション誌で活躍する人気モデル、アーティストやクリエイターが集結したイベントに、日本のみならず海外からも多くの人々が駆けつけ、約3万もの人々がイベントに参加した。

 ファッションショー、トーク、ライブなどが行われたラフォーレミュージアムと、ライブやDJを中心としたアストロホール、そして原宿の街やショップでも様々な催し物が行われた。

晴天の初日、原宿ゴミゼロ運動、あいりっすんも参加

 晴天に恵まれた初日は、5月3日(=ゴミの日)にちなんで「原宿ゴミゼロDAY」とし、ゴミ拾いボランティア団体のgreenbirdとコラボレーションした原宿の街の清掃活動がオープニングイベントとして実施された。同イベントへ出演した人気モデル、一般募集されたボランティアスタッフなど総勢60名が渋谷区のPRキャラクター“あいりっすん”と共に参加し、原宿の街の清掃活動を行った。

 この日のラフォーレミュージアムは『HARAJUKU KAWAii!! HIGH SCHOOL』と題し、舟山久美子、椎名ひかり、松本愛、川鍋朱里、武田玲奈といったAmeba blogモデルによるショーやトーク、学生やダンスチームによる斬新なファッションショーなどが行われた。アーティストライブでは、ロシアのガールズバンド・Pudraや、椎名ぴかりんらがライブを披露。各々の個性を炸裂させ、大いにフロアを湧かせた。

きゃりーぱみゅぱみゅ、バービー賞を受賞

 2日目のラフォーレミュージアムの前半は『HARAJUKU KAWAii!! KIDS』と題し、キッズモデルらによるファッションショーや、TEMPURA KIDZによるライブパフォーマンス。

 そして、世界中の女の子から愛されている永遠の憧れ“バービー”から、世の中の女性からの羨望を集める有名人に贈られる『バービーアワード2014』授賞式が開催され、きゃりーぱみゅぱみゅが受賞。後半の『HARAJUKU KAWAii!!』ステージでは、やのあんなのライブを皮切りに、原宿ファッションを代表するブランドのショーが行われた。

 また、アストロホールでは、エレクトリックリボン、ハナエ、NEKO PUNCH、PPP!PiXiONらが個性あふれるライブを披露し会場を大いに盛り上げた。

原宿祭3日間のファイナルを迎える

 最終日となる3日目は、小雨の降りしきる天候にも関わらず、多くの人々が原宿を訪れた。この日のラフォーレミュージアムの前半は、雑誌merによるステージ『mer presents ストリートシンデレラストーリー』からスタート。merで活躍する人気モデルに加え、原宿のリアルな女の子が主役となるファッションショーなどが行われ、merらしいステージを披露した。

 いよいよ3日間のファイナルを迎える、後半のラフォーレミュージアムは2日目とは内容が異なる『HARAJUKU KAWAii!!』ステージが展開された。TEMPURA KIDZ、Yun*chi、Unaによるライブパフォーマンスや、バービーショー、ふなっしーこれくしょん、原宿ファッションを代表するブランド、雑誌によるショーが行われた他、青柳文子が初主演を務める映画『原宿シネマ』の発表が行われ、出演者の青柳文子、中田クルミ、近藤夏子による撮影時のエピソードなどが語られた。

 今回、原宿の街全体を使って開催された『HARAJUKU KAWAii!! WEEK 2014 feat. Ameba 10th anniversary』では、会場以外でも100店舗以上のショップが参加し、各店舗でバッチを集めると豪華賞品があたるバチコレや、モデルとの撮影会、モデルフリーマーケット、スナップ撮影といった様々な催し物が原宿のいたるところで行われた。

 この3日間の原宿は『HARAJUKU KAWAii!!』のトートバックを手に持った人々が街を行き交い、まさに『HARAJUKU KAWAii!!』一色の3日間となった。

 なお、次なる『HARAJUKU KAWAii!!』は、秋葉系アイドルやカルチャーを発信する「アイドル横丁」とタッグを組んだ、メイド・イン・ジャパンのポップカルチャーを体感できる入場無料大型EXPO『KAWAii!! NiPPON EXPO 2014』として5月10日に幕張メッセにて開催される。