シリーズ最高の視聴率を叩き出し好調のドラマ『続・最後から二番目の恋』(フジテレビ系)で、W主演の小泉今日子と中井貴一がデュエットしている劇中歌『T字路』を作詞・作曲したクレイジーケンバンドの横山剣が、ピチカート・ファイブの3代目ボーカル野宮真貴とともに、同ドラマにゲスト出演することがわかった。

 出演は5月8日に放送予定の第4話で実現する。小泉演じる吉野千明が、友人の水野祥子(渡辺真起子)、荒木啓子(森口博子)と女子会を行っているライブハウス内のステージで、横山と野宮が「T字路」をデュエットしているという設定で登場する。

 横山がドラマに出演するのは、スペシャルドラマ『池袋ウエストゲートパーク SOUPの回』(2003年3月放送・TBS系)で、長瀬智也演じる主人公の父親役を演じて以来11年ぶり。野宮は深夜ドラマ『バナナチップスラブ』(1991年10月クール・フジテレビ系)で、謎の占い師役を演じて以来23年ぶりとなる。