<写真>全42公演10万人動員の全国ツアー東京公演初日を行ったJUJU

全42公演10万人動員の全国ツアー東京公演初日を行ったJUJU

 歌手のJUJUが去る4月23日、全国ホールツアーの初日公演となるNHKホール公演を行い、会場に訪れた3600人のファンを魅了した。

 このツアーはデビュー10周年を記念して『JUJU 10th Anniversary Act #01 「JUJU HALL TOUR 2014 ~DOOR~」』と題して行われるもので4月11日の松戸・森のホール21を皮切りに、全42公演10万人動員する。

 バラードのイメージが強いJUJUだが、今回のツアーは話題を集めているマキアージュCMソング『Hot Stuff』など、3月にリリースされたアルバム『DOOR』の楽曲を中心に展開。更には、JUJUのライブでは初めてダンサーによる演出を加えている。

 MCでは、「いつでも話しかけて下さいね」とファンに語りけたり、「『奇跡を望むなら...』歌って!」と言う客席からの声に応えて、アカペラで1サビ歌ったりと、JUJUならではのファンとの距離の近さを感じさせる温かい空気感を演出。会場は終始包まれていた。

 また、アンコールではファンのリクエスト曲を生バンド含めて即興で披露するというJUJU史上初の試みとして『この夜を止めてよ』など、2曲ファンのリクエストに応えて披露する場面もあった。

 このファンとの距離感をいつも以上に大切にしたツアーは7月21日沖縄コンベンションセンター・劇場まで続く。デビュー10周年イヤーに突入したJUJUの新たな一面もうかがえるツアーとなりそうだ。