<写真>初アルバムで通算5作目の首位を獲得したNot yet

初アルバムで通算5作目の首位を獲得したNot yet。うしろゆびさされ組以来27年ぶりの快挙を成し遂げた

 大島優子(25)、指原莉乃(21、HKT48)、北原里英(22)、横山由依(21)からなるAKB48の派生ユニット、Not yetの1stアルバム『already』(4月23日発売、日本コロムビア)が発売初週で6万8000枚を売り上げ、5月5日付オリコン週間アルバムランキングで初登場首位を獲得した。

 女性アーティストによる1stアルバムの首位は、昨年4月29日付のE-girls『Lesson1』(昨年4月発売)以来1年ぶり。Notyetのシングルを含めた首位は通算5作目で、女性グループの派生ユニットによる通算5作目の首位は、1987年3月2日付におニャン子クラブの派生ユニット、うしろゆびさされ組(高井麻巳子・岩井由紀子)が獲得して以来27年2カ月ぶりで最多タイ記録となった。

 『already』には、これまで発売の5作のシングル曲『世界の風を僕らは受けて」などの新曲を含む全17曲を収録。歌もダンスも“まだまだこれから”という意味を込めて命名されたNot yetだったが、今アルバムタイトルは「“まだまだ”だと思っていた少女たちは、いつのまにか成長して機は熟したと思った」(秋元康氏)とのことから『already』と名付けられた。