<写真>初のフルオーケストラ公演を行った藤井フミヤ

初のフルオーケストラ公演を行った藤井フミヤ。『TRUE LOVE』や『Another orion』などを優しく歌いあげた

 今年デビュー30周年、ソロデビュー20周年のダブルアニバーサリーイヤー後半戦を迎え、さらに意欲的に音楽領域を広げる藤井フミヤが4月30日、初のフルオーケストラ公演となる『billboard classics FUMIYA FUJII PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2014』を日本クラシック音楽の殿堂、東京文化会館を皮切りにスタートさせた。

<写真>初のフルオーケストラ公演で熱唱した藤井フミヤ

初のフルオーケストラ公演で熱唱した藤井フミヤ

 デビュー30周年を記念し、本公演では、藤井の名曲の数々が華麗なオーケストララサウンドに生まれ変わるとあって、全国各地からのファンで満席に埋め尽くされた。

 舞台では、タキシードに身を包んだ藤井がステージに現れると、彼の代名詞とも言うべき『TRUE LOVE』や『Another orion』などを力強く伸びやかに歌い上げ、山下一史指揮の日本フィルとの絶妙なアンサンブルが観客を魅了した。

<写真>フルオーケストラ公演でタキシードに身を包み熱唱した藤井フミヤ

フルオーケストラ公演でタキシードに身を包み熱唱した藤井フミヤ

 「天まで届くよう歌います」という言葉の通り、ホール全体に響く伸びやかな歌声と山下&日本フィルの豊潤なオーケストラサウンドがマッチングする演奏は、スタンディングオベーションで幕を閉じた。

 初日を終え、藤井は「とても気持ち良い緊張感だった。シンガー人生において、とても貴重な経験ができた」「これから続くツアーで、少しずつオーケストラと音色を創り上げていくことに慣れていく様子を楽しんでいってほしい」と語った。

 ツアーは、横浜、福岡、名古屋、西宮の主要ホールで開催される。

<公演概要>
▽4月30日(水)東京文化会館大ホール 18時開場/19時開演
▽5月2日(金)横浜みなとみらいホール大ホール 18時開場/19時開演
▽5月7日(水)福岡シンフォニーホール 18時30分開場/19時開演
▽5月8日(木)福岡シンフォニーホール 18時30分開場/19時開演
▽5月18日(日) 愛知県芸術劇場大ホール 15時開場/16時開演
▽6月4日(水)兵庫県立芸術文化センター大ホール 18時15分開場/19時開演
▽6月5日(木)兵庫県立芸術文化センター大ホール 18時15分開場/19時開演

<出演情報>
▽出 演 藤井フミヤ
▽指 揮 大友直人(西宮公演)、山下一史(東京、横浜、名古屋、福岡公演)
▽管弦楽 日本フィルハーモニー交響楽団(東京・横浜・名古屋公演)、九州交響楽団(福岡公演)、日本センチュリー交響楽団(西宮公演)
▽監 修 大友直人
▽編曲者 山下康介他