<写真>千葉市動物公園遊園地で人気のアトラクション・急流すべり

期間限定で無料開放となる千葉市動物公園に併設の遊園地。写真は人気のアトラクション・急流すべり(千葉市動物公園提供)

 千葉県千葉市の熊谷俊人市長が28日、大規模改修に伴い5月末で廃止となる千葉市動物公園の遊園地『ドリームワールド』について、5月17日~31日まで無料開放することを発表した。

 本電子版が28日に千葉市に電話確認を行ったところ、5月1日発行の市政だよりで正式に発表されるという。また、千葉市動物公園の広報は「これまで遊園地を利用されてきた皆様に感謝の心を込めて実施させて頂きます。ぜひ遊びに来てください」と市民への来園を呼びかけた。

 無料で利用できる乗り物は、現在停止している『観覧車』と『メリーゴーランド』を除く、『ゴーゴーコースター』、『スカイジェット』、『急流すべり』、『クラシックカー』、『レディバード』など。

 『ドリームワールド』は、開園50周年に向けて実施される『千葉市動物公園リスタート構想』の一環で撤去。乗馬や小動物等に触れることで自然環境を学習する施設『子どもゾーン』として生まれ変わる。

 千葉市動物公園のホームページはhttp://www.city.chiba.jp/zoo/まで。