歌手の西野カナ(25)が、マカオのザ・ベネチアン・マカオ・コタイ・アリーナで開催された『第18回 China Music Award』(CMA)で、アジアで最も影響力のある邦人女性アーティストに値する『Asian Most Influential Japanese Singer賞』を受賞したことが25日、わかった。

 CMAは、Channel [V]が主催する、中国本土において最も古く、かつ最も権威ある世界的な中国の音楽賞。1994年に設立以降、その規模も中国のみにとどまらず、いまや中国本土、香港、マカオ、台湾とへと生放送されている。

 中国ナンバーワンとも言える音楽祭典には『Livin’ La Vida Loca』のヒット曲で知られるリッキー・マーティンや、韓国の人気ボーカルグループEXO、またスポーツ界からはスペシャルゲストとしてデビッド・ベッカムが登場するなど豪華なゲスト陣が顔を揃えた。

 西野カナは、昨年春に自身初のアジアツアーを台湾、香港にて開催。両都市共にチケット完売とアジアでの人気を知らしめた。また国内だけにとどまらず、海外においても女性ファッションアイコンとしての人気があり、音楽性とファッション性、両方の実績から今回の受賞に繋がった。

 本アワードで西野カナは、ニューシングル『We Don’t Stop』(5月21日発売)を披露。ダンサーを従え、エッジの効いたトラックにのせての西野のパフォーマンスは、これまでの「セツナイミドルバラード」のイメージを払拭、会場は驚きと歓喜の声に包まれた。

 また、衣装も、シルバーのタイトスカートという大人びた衣装で登場。シックなフォルムの中にも、今年流行のカジュアルスポーティーな素材や柄を取り込みファッションアイコンとしても会場の注目を集めた。

 豪華トロフィーを受け取った西野は、冒頭中国語で自己紹介し「今回このような素晴らしい賞を頂けて本当に嬉しいです。今日皆さんに国を超えてお会いできたことも嬉しく思っています。これからも海外に向けても活動していきたい」と、感動の胸の内をコメントした。