<写真>CM撮影に挑む“おばあちゃん”モリ娘。設定は60年後

CM撮影に挑む“おばあちゃん”となったモリ娘。設定は60年後

 「ゼロ、ゼロ、ゼロ、ゼロ♪」のフレーズが耳に残る、モーニング娘。’14と森三中によるコラボアイドルユニット、モリ娘。が出演するテレビCM。彼女らのパフォーマンスがいよいよラストを迎えようとしている。

 au学割キャンペーンの最新テレビCM『モリ娘。の同窓会篇』では、おばあちゃん姿となったモリ娘。メンバーの同窓会が行われている。

モリ娘。最後となるダンスパフォーマンス

 昔の写真を見ながら懐かしむモーニング娘。’14のメンバーたち。そこへ、杖をつきながら大島と黒沢が登場する。2人とも歳をとりヨボヨボな姿であるにも関わらず「今でも青春じゃ!」とメンバーに訴える。

 黒沢の「ミュージックスタート!」の合図で音楽が始まると、モーニング娘。’14のメンバーたちはダンスを始める。大島と黒沢も笑顔で「ゼロ」ポーズを決めていく。数十年後とは思えない、初ライブのときと変わらないキレのあるダンスを見せるモリ娘。たち。若かりし頃の姿を彷彿とさせる―。

 そこへおじいちゃんになったchannel auの哀川社長が登場。6月1日で終わるauの学割に対し、未来の車イスに乗った哀川も「青春は終わらん!」と豪語。終わる学割と、終わらない青春。おじいちゃんになっても元気な哀川は「まだまだ終わらんぞ!」と笑いながら未来の車イスに乗って飛んでいく。

 その姿を唖然と見つめるモリ娘。たち。そこへ大島が一言「終わるっつーの」と突っ込み、同窓会は幕を閉じる―。

 初ライブ時と同様に、今もなお躍動感溢れるダンスを披露したモリ娘。たち。おばあちゃんとなったモリ娘。の姿と、最後となるダンスパフォーマンスがCMでながれる。

モーニング娘。’14メンバーの60年後は?

小田さくら「ロボットが一家に一台付いているかもしれないが、自分の力で生きていく」
工藤遥「自分が小さかった時に叶えたかった夢を孫の世代に叶えてもらいたい」
佐藤優樹「静かな森で暮らして、朝6時に起きて犬の散歩して、渋谷へ行き、会社を見て懐かしむ毎日」
石田亜佑美「コンサートで宙から吊られて踊ったり、バク転をばりばりしてるメンバーもいるんじゃないかな」
飯窪春菜「マンガ喫茶を開きたい。孫ができたらエレベーター付きの素敵な2世帯住宅に住みたい」
鈴木香音「NGの無い境地を一通りやった後に、縁側でお茶を飲んでいる」
鞘師里保「特技の書道を生かして、毎日唄を書いて作品として本を出したい。本がヒットしたら海外で暮らしたい」
生田衣梨奈 「プロゴルファーとして活躍したい。72のアンダーパーで回りたい」
譜久村聖「(歳をとると)映画館、遊園地など安くなると思うので、色んな処に行く元気なおばあちゃんになりたい」
道重さゆみ「周りの人からちやほやされたい。近所の子供に人気アイドルグループのセンターだったと自慢したい」