<写真>ブログで骨折を詫びる佐々木彩夏

ブログ「あーりんのほっぺ」で骨折を詫びる佐々木彩夏。全治2カ月。7月26日・27日の日産スタジアム大会には間に合いそうだが…

 番組収録中に転倒し足を骨折した、ももいろクローバーZのあーりんこと、佐々木彩夏(17)が18日、ブログで改めて経緯を説明するとともにファンに謝罪をした。

 一部報道によると佐々木は、関西テレビの番組『ミュージャック』の収録中に転倒。その場では「大丈夫です」と直ぐに立ち上がったものの、番組側は大事を取って一部の収録を中止。収録を終えた後に再び痛みを訴え、病院で診察を受けた結果、全治2カ月の左足関節外果骨折であることが判明した。

 佐々木はブログで「2ヶ月間、動いたり踊ったりすることができません」と悔しさをにじませながら「モノノフのみんな心配かけてほんとにごめんなさい」とファンに謝罪。さらに「この動けない2ヶ月間をムダにしないように私なりにがんばりますっ」と前を見据えた。文末にも「心配やご迷惑をおかけしちゃうと思います。本当にごめんなさいっ」と示し、自戒しているようだった。

 佐々木は今年1月にも、自宅で足の骨にひびが入る怪我をした。このときは全治3週間の診断され、治療期間中のライブでは足に負担のかかるパフォーマンスは避け、歌唱のみの出演となっていた。当時、ブログでも謝罪し「早く完璧な状態に戻して、いつも以上のパフォーマンスが届けられるようにしたいので、いまは、治療に専念させてください」と語っていた。

 また、18日に出演した動画配信サイト『USTREAM』の公式チャネル『momocloTV』でも1月の怪我に触れ「悔しいというかすごく情けない気持ちです」と謝罪した。

 ももクロは、7月26日・27日に日産スタジアムでのライブ開催を控えている。この日までの完治は十分に間に合うみられるが、治療期間中に行われる西武ドームでの公式ファンクラブなどは歌唱のみの出演となりそうだ。