<写真>長渕剛キャリア初のオールタイムベスト盤のジャケ写

長渕剛キャリア初のオールタイムベストアルバムのジャケット写真

 長渕剛(57)自らが監修した、キャリア初となるオールタイム・ベストアルバムが7月2日に発売されることが決定した。『TSUYOSHI NAGABUCHI ALL TIME BEST 2014 傷つき打ちのめされても、長渕剛。』と題されたアルバムは、全58曲4枚組ものボリュームで税抜き価格3980円という戦略的な価格で発売される。

 このアルバムは、1978年リリースの本格デビュー作『巡恋歌』から2014年の最新曲『走る』に至るまで、東芝EMI(当時)、フォーライフミュージックエンタテイメント、ユニバーサルミュージックといった所属レーベルの枠を越えた内容で、長渕自らが選曲や監修にも深く関わることとなった。

 ディスク1は、シングル・リリースされた代表作を集めた『シングルコレクション 1978~2014』。さらにテーマに沿って選曲されたディスク2の『生きる詩(ことば※ルビふり)たち」、ディスク3は『怒りの詩(ことば)たち」、そしてディスク4の『叫びの詩(ことば)たち』の全4枚組。

 37年間のキャリアを網羅した、まさにコンプリート作品と言えるもので、全曲オリジナルマスターから24bit最新技術でリマスタリングを施している。

 初回生産限定盤には、世界初のパフォーマンスとして“センターステージ・ギター1本~長渕剛 vs オーディエンス10,000人”が伝説として語り継がれる『LIVE’86~’87 STAY DREAM』1987年2月25日大阪城ホール公演の秘蔵映像を発掘。貴重なパフォーマンスを厳選したDVD『STAY DREAM(The Official Bootleg)」(収録曲目未定)として収録する。

 また、この告知解禁時に、各界の著名人15人が長渕剛の歌への想いを綴った広告企画も立ち上がる。これは4月15日~17日の三日間にわたって、朝日新聞の東京本社版、大阪本社版、西部本社版、名古屋本社版、北海道支社版の紙面を使い展開された企画で、思い入れのある長渕の歌とその歌詞の一節、そこに込められた想いやエピソードを綴ったもの。

 次の15人がこの企画に参加した。市原隼人、稲盛和夫氏、上田晋也、遠藤保仁選手、王貞治氏、柏木由紀、菊池雄星選手、北乃きい、倉本聰氏、後藤輝基、佐藤琢磨氏、冨永愛、藤原竜也、古舘伊知郎キャスター、湯川れい子女史。※タレントは敬称略。

 なお、同じ内容の企画にファンが参加することができる、ベストアルバム発売記念スペシャルサイト『今こそ響く、長渕剛の詩(ことば)たち。』が、Yahoo!JAPAN内にも同時に立ち上がる。

 応募のなかから選ばれた投稿は、アルバム発売日に実施予定の広告やYahoo! JAPANスペシャルサイトにも使われる予定で、ファンが投稿で広告に参加することができることとなる。