<写真>小室哲哉とフォロワーがやりとりしたと思われるツイッター

小室哲哉とフォロワーがやりとりしたと思われるツイッター。KEIKOの病状とglobeの復活について回答している

 音楽家の小室哲哉(55)が14日、音楽ユニット・globeの復活の可能性についてツイッターで言及していたことが一部のメディアの報道で明らかになった。

 フォロワーのglobe復活への可能性を聞かれた小室は、くも膜下出血で倒れ現在療養中の妻で同グループのKEIKO(41)の病状に触れ「体調は良くても脳の完治はありません。本人が音楽に興味を持つまではまだまだ兆しがありません。残念ながら、優しく待つだけです」と復活は現在のところ見通しが立たないと回答した。

 小室は昨年10月12日に、フォロワーから寄せられた「globeは2015年まで完全復活しないのですか」という質問に「完全復活は、2014/4/21からでしょう」と回答。その日が間近に迫った今月13日、復活の可能性について問われ、小室は件の内容を返した。

 回答を受けてたフォロワーは「気分を害されたのであれば、深くお詫び致します。そうですね、しっかり長い目で待っています」と理解を示した。