30日未明から続く降雨等の影響により、同日に東京・国立競技場で行われる予定だったAKB48のコンサートが中止されることが発表された。今後の代替公演などの対応は協議中であるとし決定後すみやかに発表されるという。

 同コンサートでは国立競技場を舞台に29日・30日を公演日に設定。初日の29日には7万人の観客がみまもるなか約4時間に渡り全55曲を披露した。中止が決定した30日には大島優子の卒業セレモニーが予定されていた。

 今回の決定を受け、小嶋陽菜はツイッターで「この日を楽しみにしてくださったファンの皆と優子の思いを考えると本当に悔しいです。雨ー今日は残念でしたが、最後だし、ヘビロテとか優子が雨で歌ってる姿は想像できない!優子を晴れた日に最高の形で送り出したいな」。

 横山由依も「遠くから来てくださったみなさん、お仕事を休んでくださったみなさん、寒い中待ってくださってたみなさん、すいません。今度は絶対に一緒の時間を過ごしましょう!その時は優子さんを笑顔で見送りたいです」。

 松井玲奈は「楽しみにしていた皆さん、すみません。今回はこういう結果になってしまいしたが、必ずきちんとした形で優子さんをみんなで送り出したいです。皆さんも待っていてくださると嬉しいです」と、それぞれ大島への気遣いの言葉とともに花道を飾る意欲を示した。