デビュー20周年を迎えるロックバンドのGLAYが、9月20日に宮城県のひとめぼれスタジアム宮城で『GLAY EXPO 2014 TOHOKU 20th Anniversary』を開催することがわかった。GLAYが主催する大規模ライブは、2004年に大阪・ユニバーサルスタジオジャパンで開催されて以来10年ぶり。東日本大震災の被災地で復興への希望を灯す。

 GLAYが主催する大規模ライブ『GLAY EXPO』は1999年7月に千葉・幕張メッセ駐車場特設ステージで初めて開かれ20万人を動員。2001年には全国3カ所でのべ28万人、2004年には前述の会場で10万人を動員して実施された。宮城では5万人の動員を予定している。

 宮城での開催は、被災地のファンから要望が多かったため東北での開催を決めたという。25日に行われた会見でTERUは3年前に被災地を訪れた際に、ファンから「もっと触れ合える空間を作って欲しい」と要望されたと語り、JIROも「記録や動員数よりも多くの夢を詰まったものが必要じゃないか。お祭りの要素も増やしていきたい」と語っていたようだ。

 なお、今回の決定と合わせて、TERUが作詞作曲を行った通算50枚目のシングル『BLEEZE』を7月に発売することも発表された。