<写真>氣志團とSPYAIRが共演(1)

氣志團主催の対バン公演で共演を果たした氣志團とSPYAIR。SPYAIRは氣志團のコスプレ、リーゼント姿でファンサービス

 氣志團主催の対バンGIGシリーズ『極東ロックンロール・ハイスクール 第弍章』の第2弾『SPYAIR vs 氣志團 ~桶狭間爆音合戦!!尾張名古屋の終わらない夜~』が3月20日、SPYAIRの出身地である名古屋のZepp Nagoyaで“おしかけ試合”と題して開催された。

 先攻はSPYAIR。メンバー3人がこの日限定のコラボTシャツを着て登場すると、1曲目から激しいロックサウンドと熱いパフォーマンスで会場を一気に盛り上げていく。そして、「新曲を持ってきました!」と、4月30日にリリースされるニューシングル「イマジネーション」を名古屋で初披露。

 MCでは、楽屋に用意された氣志團からの数々のおもてなしに感動しながらも笑わされた話で、会場をあたたかい笑いに包んだ。

<写真>氣志團とSPYAIRが共演(2)

氣志團のコスプレで熱唱するSPYAIR

 最後の『サムライハート(Some Like It Hot!!)』では、「SPYAIRのタオルでも、氣志團のタオルでもいいから一緒にぶん回してひとつになって盛り上がっちゃいましょう!」とボーカルIKEが言うと、フロアは色とりどりのタオルが舞いあがり、双方のファンが一体となった。

 一旦ステージを後にした彼らだったが、暗転のステージに明かりが付くと、SPYAIR全員が「氣志團」の刺繍が入った学ランにリーゼント&サングラス姿と、氣志團に敬意を表したコスプレ姿で登場。この姿で「JUST ONE LIFE」を演奏してSPYAIRのステージは終了。

 その後、オープニングにも登場した“微熱DANJI”が、SPYAIRベースMOMIKENのコスプレで登場し、コントを繰り広げ笑いを誘った。

氣志團、先輩としての貫録を見せつける

 次に氣志團がステージに登場。

 

<写真>氣志團とSPYAIRが共演(3)

先輩としての貫録をみせる氣志團

 綾小路翔が「ライブのピークは、さっきのSPYAIRの学ラン姿で達してるから、これからは急激に落ちるか、緩やかに落ちていくかだけだから。ゆるーくいこうね!」と自虐的トークで笑いを誘いつつも、「Baby Baby Baby」「SUPER BOY FRIEND」と続く圧倒のパフォーマンスで、先輩としての貫録を見せつける。

 さらなるMCでも「SPYAIRが噛んだガムを取っておくから、みんな氣志團のファンクラブに入りなよ!SPYAIRと合コン出来るよ!」と爆笑を誘う。ラストの「One Night Carnival」で、会場全員が大きな声で歌って踊って本編は終了。

なぜかアンコールで「ultra soul」

 アンコールは、氣志團のメンバーにSPYAIRボーカルIKEが呼び込まれステージに。

 團長が「俺らとIKEくんが歌うって言ったらモチロンこの曲だよね!分かってるよね!」と言うと、会場のみんなは全く分からず「?」顔。そして「行くよっ!」と流れた曲は、何故かB’zの「ultra soul」。

 「単純に俺達とIKEくんが好きな曲だからさ!」と演奏が始まり、ギターソロでは白鳥雪之丞が松本孝弘のコスプレで登場し、華麗なエアギターを披露。團長と早乙女光は、お互いゴムを口にくわえ、ラストの『ウルトラソウル!ヘイ!』で離したゴムが顔面に当たり倒れる。

 最後にSPYAIRのメンバー全員が登場し、ドラムのKENTAも急きょゴムを2本くわえさせられ、フロアの中心に倒れ込み、最高のコラボレーションが行われた最高のGIGは幕を閉じた。