<写真>新CMに出演した前田敦子はハニカミウィンク

不二家の新テレビCM『カントリーマアム篇』に出演した前田敦子。CMソングには新曲『セブンスコード』が起用された

 歌手で女優の前田敦子(22)がイメージキャラクターを務める不二家の新テレビCM『カントリーマアム篇』に出演していることがわかった。CMは18日から全国で放映されている。

 発売30周年を迎える不二家のチョコチップクッキー『カントリーマアム』。節目を記念して特別に開発した、エクアドル産カカオが華やかに香る“大人のチョコチップ”使用の『カントリーマアム(バニラ)』と、大人向けのテイストにこだわった『カントリーマアム(大人のココア)』が18日に発売された。これに合わせて、不二家のイメージキャラクターである前田敦子が、カントリーマアムの新CMにも登場する。

楽しく盛り上がるマアムパーティ

 カントリーマアムの新テレビCM『スマイルマアム篇』では、前田が“Let’s Ma’am!”とマアムパーティで盛り上がる映像に仕上がった。CMソングは前田の新曲で通算4枚目のシングルの『セブンスコード』。外国人の集まる陽気なパーティの中で、焼きたてのカントリーマアムをふるまう。最後に、はにかみながらウインクをする前田の表情に注目。

CM撮影のエピソード

 CM撮影は2月某日、都内のスタジオで行われた。白いエプロンのついた青い衣装が映える、明るいピンクの壁紙を背景に、前田が「カントリーマアム」ののったトレイを持ったシーンからスタート。トレイにたくさん積み重なった「カントリーマアム」に前田も驚くとともに、笑顔がこぼれていた。

 前田と共演の子供たちも時折話をしながら、和やかに楽しく撮影が進みました。「カントリーマアム」で乾杯のシーンなど、その楽しさが表情にも表れている。

 ダンスシーンでは、子供たちみんなで入念に練習をしてから挑んだ。キラキラとした紙ふぶきが上から降ってくる中でのにぎやかなシーンとなっている。キャンペーン用の金のカントリーマアムを持ったシーンや30周年のマークなど、監督とそれぞれのシーンでの表情を考えながら前田も楽しんでいた。

 楽しさもおいしさも伝わる素敵な笑顔がたくさん出て、CM撮影は全カットOK。拍手の中、無事撮影は終了した。