<写真>江端里沙が書き下ろした初音ミクのラフイメージカット

江端里沙が初音ミクを描き下ろしたSmileRアルバムのラフイメージカット

 アニメ『マクロスF』のキャラクターデザインで知られる江端里沙が、初音ミクのイラストを描き下ろした。これは4月23日に発売されるサウンドプロデューサー、SmileRのファーストアルバム『Melody Line(s)』のジャケット用に制作されたもの。

 題材となった初音ミクは、クリプトン・フューチャー・メディアが開発・販売している“歌を歌うソフトウェア”であり、その“パッケージキャラクター”。『Melody Line(s)』では、初音ミクをメインボーカルとして起用している。

 今回、初の単独音源リリースにあたり、SmileRから江端里沙へラブコール。その成立により、3者の夢のコラボレーションが実現した。

 SmileRはニコニコ動画で公開した『Melody Line』でキャリアをスタート。その後もコンスタントに作品を投稿。小野恵令奈、吉川友らへの楽曲提供でも注目を集め、4月ついに自身による単独の音源を発売。

 今作では、江端里沙がSmileRの楽曲を聴いた上でジャケットイラストを描き上げた。4月23日のアルバム発売に先駆け、江端里沙による制作途中段階の「ラフイメージカット」が公開された。

 昨日3月13日には、同アルバムに収録されているSmileRの新曲「アンドロメダの夢」をニコニコ動画にアップ。

 また、3月22日・23日に東京・有明の東京ビックサイトにて行われる『Anime Japan 2014』の、サテライトブースにて今作のスペシャルダイジェストCDが各日150枚 限定で販売される予定となっている。