<写真>国立競技場公演で誕生日の祝福を受けたももクロ有安杏果

多くの祝福に感謝の言葉を綴るももいろクローバーZ有安杏果のブログ

 女性グループで史上初の東京・国立競技場で単独ライブを行った、ももいろクローバーZは、約5万5千人のファンを前に26曲を熱唱した。この夢舞台が実現した3月15日は、メンバー有安杏果の19歳の誕生日。日付が変わった16日深夜に更新されたブログでは「一生の誇り」と題して、その思いを綴った。

 有安は、多く寄せられた祝福の言葉に「毎年、みんなのお祝いしてくれる声が増えていって本当にびっくりしてます。嬉しいし、ホント最高に幸せなことでありや。届けてくれた声をしっかり胸に受け止めて19歳のパワーの源にしていきたいと思います」と感謝の言葉を送った。

 15日の国立競技場公演では、バースデーソングや会場が自身のカラーである緑色に染まるサプライズの祝福を受けた。有安は「国立であんな景色が見れるなんてホント夢にも思ってなかったから今でもまだ、夢見心地のままでいます」と振り返りながら「モノノフのみんなの優しさにちょっと涙。あぁぁ~ホント幸せだったなぁ」と喜びに浸っている様子を綴った。

 また「有安は、今日世界で一番の幸せ者を体験しちまったょ」「このお礼はこれからなにかしらのカタチで絶対みんなに少しずつ返していかなきゃな」と、恩返しを約束した。