<写真>福山雅治が出演するアサヒスーパードライ新CM

アサヒスーパードライ・ドライプレミアム新テレビCM。福山雅治の上質な演技により「凛とした中での寛ぎ」を追求した

 歌手で俳優の福山雅治(45)が出演する『アサヒスーパードライ・ドライプレミアム』(アサヒビール)の新テレビCM『最高傑作の時間篇』が14日から全国で放映されている。福山は2010年からアサヒスーパードライの広告キャラクターを務め、今回も引き続いての起用となる。

 新テレビCM『最高傑作の時間篇』では、国宝・松に立葵図(智積院蔵)をモチーフにしたセットで、金の凛とした世界感と上質感、高級感を描いている。贅沢なコクとキレが特長のドライプレミアムを手に取り、福山がゆったりとした贅沢な時間を過ごすなか「まさに、プレミアム。」という言葉で商品特長を表現している。CM楽曲には引き続き『暁』を使用している。

福山雅治の上質な演技、CM撮影エピソード

 CM撮影は都内スタジオで行われた。今回の撮影はドライプレミアムがゆったりとした贅沢な時間を作り出すことをキーワードに、これまでの“金と和”の空間の中で凛とした世界観を大切にしながらも、福山の上質な演技により「凛とした中での寛ぎ」を追求した。

 椅子の座り方から目線、歩き方など一つ一つにこだわり。シーンの多い撮影となったものの、終始和やかな中にも真剣さの伝わる撮影で福山の凛とした、品格の良さを感じる仕上がりとなった。