乃木坂46研究生の西川七海(20)が活動辞退を申し入れたことが15日、わかった。同グループの公式サイトで発表されたもの。22日に行われる通算7枚目のシングル『バレッタ』の特別イベントが最後の活動となる。

 西川は2009年にAKB48へ加入するも、わずか3カ月で解雇。2013年3月には乃木坂46に二期生として加入した。

 西川はブログで「突然の報告になってしまい本当にごめんなさい」と謝罪したうえで、「二十歳、成人ということもあってこの一年、自分自身を見つめ直す機会が増え今後の将来について以前より真剣に考えるようになり、その結果、別の道に進むことを決意しました」と綴った。