<写真>無期休学を発表した氣志團・白鳥雪之丞

氣志團の一切の活動から無期限で離れることを発表したドラム白鳥雪之丞。写真は公式サイトのキャプチャ

 ロックバンド・氣志團のドラム白鳥雪之丞が12日、3月31日をもって同バンドの活動から無期限で離れることを発表した。一昨年に発症した左手の筋肉不全断裂および職業性ジストニア(運動障害)により十分な活動ができなくなったためとしている。

 公式サイトには「“無期休学”のご報告」と見出しを打ち「氣志團の一切の活動から無期限で離れる事になりました」と発表。その決断に至った大きな要因として、左手の筋肉不全断裂および職業性ジストニアによって満足のいく演奏が行えず、バンドに対して貢献が出来なくなったことをあげた。

 病気発症後もメンバーやスタッフの理解や支えによって部分的に活動を行ってきたものの、精神的に限界を感じていたとも吐露。バンドに負担をかけたくはないとの思いで苦渋の決断を下した。白鳥は「中途半端でなく、甘えを捨て、真の意味での裸一貫。真の意味で、一から出直して参ります」とも綴った。

 ファンに向けては、突然の報告になったことを謝罪。ただ、この報告は“悲しいニュース”ではないと補足した上で「氣志團がいつか本当の勝負をする時の為に、今現在、力の足りない僕が水面下で準備に入っただけ」「絶対に強くなって帰って来るから。それだけは今約束するから」と復帰を誓った。