<写真>喉頭がんに患っていることを発表するつんく♂公式サイト

今年2月に受けた検査で早期の喉頭がんが見つかったつんく♂。画像はがんを告白するつんく♂の公式サイトのキャプチャ写真

 シャ乱Qのボーカルで音楽プロデューサーのつんく♂(45)が6日、喉頭がんを患っていることを発表した。公式サイトを通じて明らかにしたもの。がんは早期の発見であり、現在は集中治療に入っているという。治療期間中は活動を休止する。復帰時期については未定ではあるものの、治療を終え次第、デスクワークなど体に負担がかからない仕事から再開していくようだ。

 発表によれば、7~8年前から声帯左側に違和感があり、ファルセット等が出せなく、昨年10月頃からは更に声全体がハスキーになり声が出しにくい状態となっていた。そこで今年2月に全身麻酔をかけ手術を行い細胞の検査をしたところ、喉頭声帯に早期のがんが見つかったようだ。

 今回のがんの発見についてつんく♂は「正直、自分としても“まさか自分が”と驚いたのは事実ですが“病は気から”と申します。これも人生における何かのヒントだと思い、ポジティブに進んで行くと決心したところです」と驚きを隠せない様子。

 すでに集中治療に入っているようだが「頭脳も、それ以外の部分もすこぶる元気で、血液検査の結果を見た、ある先生からは“この数値だけみると病気の人のものとは思えないんだがねぇ”と言うようなお言葉も頂戴しております」と、精神的にも元気であることを綴った。

 文末には「治療後には、また歌を皆様に届けられる日を楽しみにしております」と復帰に向けて意欲も示した。

 つんく♂のハスキー声は以前から話題になっていた。ある視聴者は「声がかすれ過ぎている。大丈夫か」と心配視していた。つい先日もあるテレビ番組で司会者が「ハスキーすぎる」と触れる場面もあり、ネットでも「ガラガラだった」「CMの声がおかしいもんな 」との声があがっていた。

 そうした意見はメディアにもみられ、ある新聞社は電子版のニュースで「喉頭がんだった…」と見出しを打っている。