3月31日をもって31年の歴史に幕を閉じるフジテレビ系お昼のバラエティ番組『笑っていいとも!』が3日、番組終了まで残り3週のカウントダウンに入った。終了月最初の『テレフォンショッキング』のゲストは、14回目の出演となる歌手の研ナオコ(60)。

 タモリとは30年来の付き合いがある研は登場早々に、タモリから背中を舐められた過去を暴露。タモリは身を覚えにないと否定するも研は「すごく変態なの。夜になるとそういう一面もみせる」という立て続けに述べと、タモリは「あながちない事でもない。背中が綺麗だったので」と認めた。

 トークが、2月5日発売の新曲『かあさんへ/ありがとう』に参加した娘のひとみ(24)におよぶと「見せましょうか。いますよ。そこに」とステージ裏に控えていたひとみを招き入れた。ひとみは照れながら登場すると「何で呼んだの」と苦情。研も「ごめんね。流れて呼んじゃったの」と平謝りした。

 このほか、過去の出演を振り返りながら当時を回顧。1990年1月4日の放送ではハワイから中継したことなどに触れた。また、歌は好きだったが学校の音楽は苦手だったとして「女性のキーが合わなかった」とも明かした。