<写真>ツアー長崎公演に挑んだHKT48

ツアー『HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~』長崎公演でパフォーマンスを披露したHKT48メンバー。選抜メンバーの発表などが行われた(C)AKS

 アイドルグループのHKT48が9日、長崎県長崎市のブリックホールで、長崎公演を行った。同公演は、1月11日にスタートしたツアー『HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~』の一環で、6県目。チームH・森保まどかの地元でもある。

 公演前の囲み取材で、凱旋公演となる森保は「地元長崎で公演が出来ることを本当に楽しみにしていたので、成長した姿を長崎の皆さんにお見せ出来たら」と語っていた。

 森保は、AKB48柏木由紀のソロ公演曲『夜風の仕業』を披露。観客約2000人から大きな拍手が起こった。また、長崎・雲仙のマスコットキャラクター、ウンゼリーヌも登場し、会場を盛り上げた。

再びタキシード姿の指原支配人が選抜メンバー発表

<写真>選抜メンバーを発表する指原莉乃支配人

タキシード姿でアンコールに登場した指原莉乃支配人。選抜メンバー等の発表を行った(C)AKS

 アンコールではタキシード姿の指原莉乃支配人が登場。会場内に大きなどよめきが起こるなか、通算3枚目のシングルのタイトルが『桜、みんなで食べた』になったこと、そして、選抜メンバーの発表を行った。

 初選抜となる3期研究生の田中美久、矢吹奈子の名前が呼ばれると、会場からは驚きの声が上がった。セカンドシングルでは選抜入り出来なかった中西智代梨は今回復帰を果たし、涙ながらに声援に応えていた。その後は『桜、みんなで食べた』を初披露した。

 センターポジションは、セカンドシングル『メロンジュース』同様、田島芽瑠と朝長美桜が務める。披露後、指原は「みなさん、神曲ですかー!?」との呼びかけに、大きな拍手が起こっていた。公演は体調不良により、後藤泉が不参加となっている。

森保、田島、朝長、公演を終えた感想

 公演を終えた森保は「地元での単独コンサートは一生の思い出になりました。このホールは昔よくピアノのコンクールなどで訪れたことがあるので、今回、HKT48として舞台に立っているのがとても感慨深かったです。また帰ってきます!」とコメント。

 センターに選ばれた田島は「今回の新曲は『お別れ』がテーマだったりするので、HKT48の春の「クラス替え」が思い浮かんで泣いちゃいました。大好きな歌詞なので、皆さんにも是非聞いていただきたいです」。

 同じくセンターの朝長は「いよいよHKT48の九州ツアーも福岡公演を残すのみとなったので、とても寂しいですが、今回の新曲は一緒に手振りも出来る振付になっているので、たくさんの方に聞いていただいて、一緒に踊っていただければ嬉しいです」。

HKT48九州7県ツアー~可愛い子には旅をさせよ~公演日程

1月11日(土)大分 iichikoグランシアタ(終了)
1月12日(日)宮崎市民文化ホール(終了)
1月13日(月・祝)熊本県立劇場(終了)
1月19日(日)鹿児島市民文化ホール(終了)
2月1日(土)佐賀市民会館(終了)
2月8日(土)長崎ブリックホール(終了)
3月21日(金・祝)福岡サンパレスホール