元AKB48で女優の前田敦子(22)が、幅広い層から人気を集めている関ジャニ∞の主演映画『エイトレンジャー2』(堤幸彦監督)のヒロインを務めることが3日、報じられた。前田は、エイトレンジャーの正体を迫る週刊誌記者を演じるようで、メンバーが前田に恋するシーンも描かれるという。

 関ジャニと前田の初共演作品。メンバーの村上信五は前田の出演に対して、一部メディアの取材に「よく受けてくれました。どういう絡みをしてくれるのか楽しみです」と語っているようで、両者とも期待感が膨らんでいる様子。

 ただ、この共演にネット世論では不快感が広がっている。ツイッターなどの投稿をみると「なんか嫌やな」「今日の敵は敦子だ」「なんでエイトレンジャーなのに前田敦子が前にでてんの。許せない」「何で前田敦子なん」「前田敦子に恋するのあるみたいやん!しかも忠義くんやん!えええ!泣きそう」「ありえないんだけど」と散々。

 なかには「起用も理解できる」と理解を示す声もあるのだが、「嫌われ過ぎるだろう」と同情の声があがるほどだ。一部のユーザーは「だれがヒロインでもジャニーズのお相手役ともなれば嫌がれるでしょ」という意見もあるが、果たして。