2014年解散に向けて駆け抜けるBiS

2014年解散に向けて駆け抜けるBiS。ラストオリジナルアルバムの発売が決定した

 年内の解散まで秒読み段階に入った女性アイドルグループのBiSのラストオリジナルアルバムが完成した。GLAYのHISASHIがギターで参加したバラード楽曲やカバー曲を含む新録曲7曲の計15曲の内容。

 松隈ケンタ(SCRAMBLES)を始め、日高央(THE STARBEMS)、津田紀昭(KEMURI/THE REDEMPTION)、難波章浩(Hi-STANDARD/NAMBA69)、上田剛士(AA=)といった豪華作家&プロデューサー陣。

 参加ミュージシャンには前述のHISASHI、コラボレーションアーティストに盟友Dorothy Little Happyを迎えたBiSにしか作りえない異端アイドルBiSの世界観が詰まったロックアルバムとなっている。

 映画盤のDVDには1月11日に封切りされBiSファンのみならず映画ファンにも好評を博し話題のBiS主演映画『アイドル・イズ・デッド - ノンちゃんのプロパガンダ大戦争-“Special Edition-”』を収録。

 ミュージックビデオ盤のDVDにはアイドル同士のビンタ、血まみれ、ハメ撮り、スキンヘッズ、サイバーパンク等センセーショナルな話題を振りまく最新ビデオ全17曲を収録されている。