新曲MVでMirayHIROKIとコラボした森恵

故郷をイメージして新曲を書き下ろした森恵。ミュージックビデオでは、ともに東北応援プロジェクトに参加するMirayHIROKIと共演し、大輪の花を咲かせている

 シンガーソングライターの森恵(28)が、2月19日に通算2枚目のアルバム『10年後この木の下で』を発売する。これに先がけて、タイトル曲『10年後この木の下で』のミュージックビデオ(MV)がこのほど、公開された。

 同曲は、東北応援プロジェクト「みんなの心に一輪の花を」への協力の一環として森が“皆のふるさと”をイメージして書き下ろしたもの。公開されたミュージックビデオでは、同プロジェクトに参加している気鋭のアーティスト、MirayHIROKI(ミレイヒロキ)が参加している。

 森はかねてから、宮城・仙台方面へ訪れた折には、必ず被災地に足を延ばし、地元住民と交流を深めてきた。そのなかでも福島・小名浜で行われたイベントに出演したことがきっかけで、同プロジェクトを知り、参加することとなった。

 共演しているMirayHIROKIは、プロジェクトを通じて、様々な場所で大輪の花の絵を描き、人々の心に花を咲かせていることで注目を集めているアーティスト。

 ミュージックビデオでも「なにがあろうとも、誰の心にもあるふるさとは、心の中で咲き続けている」という曲のメッセージを、一輪の大きな花としてキャンパスに描いていく。ドキュメンタリータッチの映像で、力強く、そして感動的な作品となっている。

 なお、森の作品(MV)で共演者を迎えたのは今作が初めてだという。このMVは、DVD付きCDに完全収録される。

森恵「心に大きな愛の花を」

 今回の作品について森は以下の通りコメントしている。

 「東北応援プロジェクトみんなの心に一輪の花を」のお話を伺った時、「花が咲く=笑顔」が思い浮かび、家族、友達、出会ってくれた人たちが自然と笑顔になれるように、その笑顔がずっと続きますようにと、願いを込めて作りました。

 そしてこの曲を聴きながらMireyHIROKIのお二人が曲に合わせて大きな一輪の花を描いてくださいました。このMVがあって、この曲が完成したように思います。皆さんの心に大きな愛の花が咲きますように。

ミレイヒロキ「皆さんの心に届きます様に」

 MVに参加したミレイヒロキは以下の通りコメントしている。

 森恵さんが「東北応援プロジェクトみんなの心に一輪の花を」の為に「10年後この木の下で」を書き下ろしてくれたと聞き、少しでも協力させて頂きたいと思いました。

 このMVの中では、愛のある大きな一輪の花を描き切りました。多くの皆さんの心に届きます様に。

 また、中野貴(knife *acoustic groove*)は「心ある仲間達が集い『東北応援プロジェクトみんなの心に一輪の花を』がスタートしています。この仲間の1人である森恵さんが、心温まる楽曲を用意してくれました。東北にお住まいの皆さまの心にも、きっと一輪の花が咲く事でしょう」とコメント。

 アルバムでは、島田昌典や寺岡呼人といった豪華プロデューサーを迎え、シンガーソングライターの中村中が書き下ろした楽曲、本人弾き語りのみの楽曲を収録している。