女性5人ダンスボーカルグループの東京女子流が18日、台湾の河岸留言西門紅樓展演館で行われた『KAWAII POP FES by @ JAM in 台湾』に出演。台湾でも現地盤としてアルバムを発売している東京女子流だが、台湾に実際に来るのは今回が初めて。彼女たちにとっても、現地のファンにとっても「やっと」というキモチが高まった台湾でのステージとなった。

 会場には、台湾のファンほか、インドネシア、シンガポール、タイから遠征してきたファンの姿もあり「1!2!3!」の掛け声で、『Rock you!』から始まった。

 中国語での挨拶からの『鼓動の秘密』『Limited addiction』『Liar』といった代表曲を続け、待ちに待ったこれぞ女子流という雰囲気を作り出してから、2月12日発売の新曲『Partition Love』を歌唱。その刺激的な歌詞と振付に台湾のファンも衝撃をうけたようだ。

 そして、拍手喝さいのなかメンバーから中国語バージョンの制作も発表された。このライブの2日前に、少し早く台湾に入った東京女子流メンバーは、台湾のレコーディング・スタジオにて、現地スタッフとPartition Loveの中国語バージョンのレコーディングに臨んでいた。

 「すごく、、中国語の歌詞が難しくて大変だったのですが、ぜひ、できたら、聞いてください!」というメンバーからの言葉に、ファンから拍手がおこるなか、「香港にも来て!」とアジア各国のファンからも次なる女子流のアジアライブへの期待をアピールしていた。

 東京女子流は、台湾滞在中、現地でプロモーション稼働や、観光地での映像撮影、中国茶を愉しむオフな時間など、オンオフともに充実。現地からのUSREAMなどもやっていてアーカイブを残している。

 4年のキャリアになる東京女子流の新たな代表曲入りするだろうと言われている2月12日発売の『Partition Love』は、日本だけでなく、アジアへも広がる代表曲となりそうだ。