RAM WIRE

RAM WIREのミュージックビデオの一こま。華麗な演技を披露する小5女子フィギュアスケート渡辺倫果選手

 2月12日にリリースされるRAM WIREのニューアルバム『夢のあかし』より、表題曲『夢のあかし』のミュージックビデオが公開された。

 鉄拳のパラパラ漫画の『名もない毎日』、鳥居みゆき主演の『何度も』、塚地武雅(ドランクドラゴン)、女優・芦名星主演の『あいだじゅう』など、毎回ミュージックビデオが話題を呼び、You Tubeの総再生回数が1000万回を突破している彼らが今回主演に抜擢したのは、フィギュアスケート界期待の超新星、渡辺倫果。

 現在小学5年生ながら、2013年全日本フィギュアスケート選手権大会(ノービスB)で全国優勝を成し遂げた次世代のオリンピック選手候補だ。

 彼女のドキュメント映像と、RAM WIREのパフォーマンス映像をミックスした今作のミュージックビデオは夢に向かう健気な倫果ちゃんの姿とともに、感動を誘う映像となっており、サビの歌詞“あと一歩 あと一歩前へ 君と見たい景色がある”という言葉がより印象的に響く作品となっている。

 『夢のあかし』はSTV札幌テレビソチ五輪テーマ曲としてすでに北海道で話題沸騰中。2014年1月よりスタートのテレビ東京系連続ドラマ『大東京トイボックス』主題歌にも抜擢され、Wタイアップが決定。

 RAM WIREのキャリアにとっても重要な楽曲になること間違いなしの渾身の楽曲となっている。

 また、『夢のあかし』MV公開にあわせて、アルバムのアートワークと収録内容詳細も発表。初回生産限定盤はライブ映像付きDVDと、ミュージックビデオ付きDVDの2種類が発売される。

 初回盤Aは全会場SOLDOUTとなったRAM WIRE初の全国ツアーから、最終日・渋谷WWW公演の模様をダイジェストで収録した待望のライブDVD。

 初回盤Bには、今回公開された『夢のあかし』MVのほか、ドランクドラゴン・塚地武雅、女優・芦名星出演のラブストーリーが話題となった『あいだじゅう』、映画『アルカナ』(土屋太鳳、中河内雅貴ほか出演)主題歌『むつのはな』と3曲のミュージックビデオが収録される。

 いずれもリリースを強く望まれていた豪華盤となっており、大きな話題となりそうだ。

<渡辺倫果選手が出演するミュージックビデオ>
http://youtu.be/VFZcCEZUbKo