マリコ様こと、元AKB48の篠田麻里子(27)がすごい言われようだ。最近出演したテレビ番組での表情に「太った?」という声が上がったかと思えば、今度はへそ出しの奇抜なファッションが酷評されている。更にはメイクにも「田舎くさい」とさげすまれている。

 ことの発端は、1月6日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『人生が変わる1分間の深イイ話』だ。ニット帽にへそ出しの黒のタートルネック、丈の短い白と黒のジャケットに、ジーンズというファッションで登場したマリコ様だが、視聴者からは「季節感がゼロ」「奇抜すぎる」「へそ出しルックって一昔前に流行ったよな」と酷評を受けた。

 更には、今流行の太めの眉に違和感を覚えるとの声や、頬がややふっくらと見えたことから「顔パンパンだな」「むくんでる」「顔太った」「眉毛が太すぎる」「疲れているのか」「ふけたな」と、散々な言われようだ。

 マリコ様と言えば、AKB48時代はメンバーのなかでも群を抜く美しいボディラインを誇り、異性をも魅了していた。期待の裏返しとも言える反発が今回の酷評に繋がっているのではないか―という声も一部では聞かれている。

 ただ、酷評だけではない。1月8日に放送された同局系情報番組『PON!』に出演した際の衣装やその表情に「可愛い」との称賛が多く挙がっている。

 ソロとしての活動を踏み出した彼女だけに、以前よりもより注目度が高まっている表れとも言えそうだ。