韓国のダンスボーカルグループ・BIGBANGが、海外アーティストとしては初となる日本6大ドームツアー『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2013~2014』を展開。総勢77万1000人を動員し、3DAYS京セラドーム大阪公演で幕を下ろした。

 11月16日・西武ドームでスタートした6大ドームツアーは、埼玉、大阪、福岡、名古屋、東京、札幌と全国6都市16公演で総動員数77万1000人を熱狂の渦に巻き込んだ。

 ラスト公演となる京セラドームではデビュー初期の『LA-LA-LA』を含む『SHAKE IT』『LIES』『LAST FAREWELL』などの初期のヒット曲から、昨年韓国はもちろん海外でも大ヒットした『FANTASTIC BABY』『BLUE』『BAD BOY』まで、アンコールを含む計26曲の熱いステージを繰り広げた。

 なかでも2013年勢力的なソロ活動が表現された各ソロステージは、コンサートに厚みを加えた。特に、SOL(ソル)はソロステージで『RINGA LINGA』を含むソロデビュー曲『ONLY LOOK AT ME』と『WEDDING DRESS』を披露、3月12日発売の日本ソロデビューアルバムに向けて強烈にアピールした。

 演出面でもステージから遠く離れた観客1人1人とも間近に接することができるよう、高さ4メートル、幅20×8メートルのステージ全体が動くムービングステージでアリーナ席上を横断するなど、エンターテインメント性とアーティスト性とが高い次元で融合したステージが終始、繰り広げられた。

 観客の「声をきかせて」の大合唱で始まったアンコールではステージ左右から2台のカートに分乗してメンバーが登場、会場全体を周回しながら、「SUNSET GROW」でスタートし、異例の連続アンコール2回、全6曲を熱唱。

 リーダーのG-DRAGONは「毎回こんな多くの方の前でライブができて幸せです。今度はBIGBANGの新しいアルバムをもってまた皆さんに会いに来ます」とコメントし、最後は「BAD BOY」でこの特別なラスト公演は大盛況の中幕を閉じた。