amazarashi

ツアー初日を迎えたamazarashi。映像世界と生演奏がシンクロした独自のパフォーマンスでファンを魅せた

 青森在住の秋田ひろむを中心とするバンド、amazarashii(アマザラシ)が1月11日、東京・青海のZepp Tokyoで、ツアー『amazarashi TOUR 2014「あんたへ」』の初日公演を行った。

 この日は、満員の観客に包まれていた。amazarashiならではのスクリーンに映し出されるアニメーションや、タイポグラフィーを駆使した映像世界と生演奏がシンクロした独自のパフォーマンスを披露。

 さらに、ドットイメージ、レーザー等を駆使した時にメランコリック、時に過激な演出で、最新アルバム『あんたへ』収録曲を始めとする全16曲を歌い上げた。

 この夜の最後には、昨年、中島美嘉へ提供した楽曲「僕が死のうと思ったのは」の弾き語り、締めくくった。

 同ツアーは、1月18日の愛知・名古屋ダイアモンドホール、19日の福岡・福岡imsホール、25日の大阪・ZEPPなんば、2月1日の東京・Zepp Divercity Tokyo(追加公演)、2月8日の北海道・札幌PENNY LANE24と続いていく。

 なお、ツアーの模様は、3月26日発売予定のamazarashi初のクリップ集「タイトル未定」の特典映像として収録される。