AKB48の大島優子(25)が12月31日、第64回NHK紅白歌合戦(NHKホール)の舞台で卒業を電撃発表した。

 大島は、メドレーで『恋するフォーチュンクッキー』を歌い終えた後の『ヘビーローテーション』歌唱前に「2013年も有難うございました。この場を借りて言いたいことがあります」と前置きし「私、大島優子はAKB48を卒業します」と電撃発表。この瞬間、会場からはどよめきが起きた。

 テレビ画面に映し出されたAKB48総監督の高橋みなみは涙を流し、対照的に若手メンバーは驚きの表情を見せた。

 大島は続けて「こうして紅白歌合戦に出場させていただくのも、これが最後になりました。感謝の気持ちを込めて、歌わせていただきます。そして来る2014年も48グループの応援を宜しくお願い致します」と語った。大島の顔にはスッキリとした表情がうかがえた。

 歌唱後、司会の嵐に声を掛けられた大島は「すみません。突然で」と釈明。二宮和也は「(メンバーの)みんなは知ってたの」という問いに「言っていないです」と説明。更に、芸能活動を引退ではなく「大島優子として活動していきます」と語った。