全国ライブハウスツアーの最終公演で熱唱した倖田來未

全国ライブハウスツアーの最終公演で熱唱した倖田來未

 倖田來未(31)が11月28日、約5年ぶりとなるファンクラブ限定の全国ライブハウスツアー『Koda Kumi Fanclub Live Tour ~ Let’s Party Vol.2 ~』のフィナーレを、Zeppなんば(大阪市浪速区)で迎えた。

 「より近くでファンに歌を届けたい」という倖田の想いから、会場にはライブハウスを選び、全国9カ所19公演で内容で実施。今年の春に行われた全国アリーナツアー『KODA KUMI LIVE TOUR 2013 ~JAPONESQUE~』では15万人を動員したのに対し、今回は約3万人に絞った。

 テーマは「ハロウィン」。ファンも思い思いの仮装に身を包んだ。タイトル通りのパーティムードが漂う会場内で、倖田は魔女をイメージした衣装でステージに登場した。オリジナルアルバム「JAPONESQUE」に収録されながらも、今年行われた全国ツアーでは披露されなかった「Lay Down」で幕開け。

 ファンから人気が高い「Rain」やデビュー当時しか歌唱したことがないという「ONE」、そして未発表曲など、ファンにとってはこれ以上ない極上のセットリストを披露した。途中、自身初となるブラックライトを使用した演出も入り、ライブハウスツアーではなかなか見られない豪華なステージでオーディエンスを魅了した。

 倖田は「小学生の頃からアーティストになる夢を追い続け、高校3年の時にデビューをして、それから13年、アーティストとして活動させて頂いて、毎年毎年当たり前のようにツアーをやらせて頂いていますが、それって普通のことではないんですよね。ファンの皆さんがいるからこそ支えられている自分がいる。だからこそ1回1回を大切にし、皆さんに一生懸命愛を届けていきたいと改めて感じています。ファンの皆さんにこんなにも近くで会えたこと、歌えたことは私の宝です」と語った。

 更に2014年に全国ホールツアーを開催することも発表。「来年の春、一人でも多くの方にお会いできると嬉しいです。私は40歳、50歳になっても夢を追いかけ続けていきますので、皆さんも夢をあきらめないでください。ONLY ONEの自分を大切に、そして、自分を信じて、夢を持ったら追いかけ続けてほしいです」と意欲を示した。

 12月4日には「KODA KUMI LIVE TOUR 2013 ~JAPONESQUE~」ライブDVD&Blu-rayが発売された。倖田でしか表現できないオリジナリティ溢れる世界観で観る者を圧巻させるステージがここに映っている。