<写真>HARAJUKU KAWAii!!で熱唱するきゃりーぱみゅぱみゅ(2013年12月5日)

「HARAJUKU KAWAii!! 2013 in OKINAWA」で熱唱するきゃりーぱみゅぱみゅ

 『“KAWAii”を万国共通のおしゃれのキーワードに!』をテーマに掲げ“原宿カワイイ・ カルチャー”を世界へ発信するファッション・ショーと音楽ライブを融合、人気モデルやアーティストが出演する原宿カルチャーの祭典「HARAJUKU KAWAii!!」が12月1日、沖縄にて初開催された。

 11月28日にデパートリウボウにて、近藤夏子、Unaのライブも行われた「KUMOJI KAWAillumiツリー点灯式」そして「きゃりーぱみゅぱみゅーじあむ」及び「HARAJUKU KAWAii!! SHOP!」の期間限定オープンにはじまり、11月29日〜30日の2daysはドン・キホーテ国際通り店にて、中田ヤスタカらが登場した「ASOBINITE!!!」を開催、そして、12月1日に開催された「HARAJUKU KAWAii!!2013in OKINAWA」は、原宿カワイイ・カルチャー旋風が沖縄の地に吹き渡った一週間の大トリとしてふさわしい盛り上がりとなった。

 様々なブースが会場の周りを賑わし、原宿系ファッションに身を包んだ女性や小さな子ども達など多くの人々が、晴れ上がった青空に負けぬ笑顔で続々と来場し開演を待ちわびる。

 スクリーンに“HARAJUKU KAWAii!!”のタイトルが出ると大きな歓声が会場を包み込み、まずはショーがスタート。武智志穂や三戸なつめをはじめとする人気青文字系モデル達が続々とランウェイに登場すると、会場は一気にヒートアップ。続くオープニングアクトとして登場したTEMPURA KIDZは、元気いっぱいのパフォーマンスを披露。会場の熱が冷めやらぬうちに、ハナエ、椎名ぴかりん、近藤夏子、MAAKIIIらアーティストのパフォーマンスやKERA、Zipper、merといった人気ファッション誌などのファッションショーが息もつかせず続々と展開され、沖縄のフリーペーパー「be-o」のモデルも登場し会場は大盛り上がり。

 中川翔子のライブがスタートすると会場の熱気は更にヒートアップ。そして、土屋アンナがパワフルなステージで会場を圧倒。地元出身のUnaが登場すると会場からの「おかえり!」の声が。地元からの声援を受け、MCでは嬉しさのあまり涙する場面もあったが、堂々たるパフォーマンスを披露した。そしてトリを務めるきゃりーぱみゅぱみゅが登場すると会場のボルテージは最高潮!大人も子供も、会場中が一体となって歌い踊って盛り上がった。

 フィナーレには本日出演したモデルとともに、きゃりーぱみゅぱみゅが登場。21歳の誕生日を迎える来年(2014年)の1月29日に、2013年に行われたワールドツアーのドキュメントDVDが発売することを発表した。

 ライブ、ファッションショー、トークショーと盛り沢山の原宿カルチャーの祭典は、最後に会場の全員で記念撮影をして幕を閉じた。